個人でも法人でも利用できる海外ビジネスの資金サポート

海外ビジネスを展開するなら!資金サポートを賢く利用しよう!

>

国内から海外進出する為に必要な道のり

どのくらいの費用が必要?

今は国内展開のみだけど、ゆくゆくは海外進出を検討しているので今の内に資金相場を知っておきたい。ゼロから起業する場合、展開する事業にもよりますが1000万円が相場といわれています。

但しあくまで相場ですし、資金はあればある程良いので自己資金と含めて3000万円ほど用意しておく事業主が多いです。それにプラスして海外でビジネスを展開する場合、500万円ほど追加しておくと良いでしょう。資本金や投機費用・事務所の賃貸契約費用・備品などが内訳となり、これに関しても展開する事業やその国の為替レートなどによって異なります。

運転資金や自身の生活費は別途必要なので、自己資金が足りない場合は海外での資金調達をしなければなりません。

初めての海外進出は大変?

せっかく国内から飛び出て海外ビジネスに着手したのは良いけれど、結局鳴かず飛ばず資金が尽きて失敗に終わった。そんな事にならない様に、事前リサーチがキモとなります。

海外進出の際に多額の費用が必要になるのですが、現地で資金調達をしようと考えていませんか?特に現地の銀行での融資はベンチャーを含む新規事業にとても厳しく、現地である程度の実績が無いと借入れや融資は不可と考えた方が良いです。

また海外進出をする際、事前にある太いパイプがあれば良いのですが、全くのゼロからスタートする場合は目的を明確にした上で生産コスト削減・経済の伸びている国へ進出するなど具体的な案がないと豊潤な運転資金があっても、すぐになくなってしまいます。


TOPへ戻る